8/15 朱太川で鮎の友釣り!!

8/15 朱太川で鮎の友釣り!!

 

こんにちは!宮の沢店の武川です!

今回はお客様O氏にお誘い頂き、鮎の友釣りに初挑戦してまいりました!!

まずは遊魚券とオトリの鮎を購入!!何だか新鮮な気分です♪

この釣りはまずはオトリ選びが重要!

養殖と天然に分かれており、養殖の方が丈夫だったり、天然はスピードが早かったり、小さいのは追われやすかったり、大きいのは体力があったりといろんな要素があります。

今回はO氏が前日の釣行で確保していただいた鮎もいたので自分は養殖物を一匹購入しました。

そしていざ釣り場へ!

最近の情報だと厳しい状況のようで、プラス初心者だと一匹とりあえず釣れれば御の字といったところのようです。

釣り場に着くと石の一部にハミ跡が付いており、藻を食べていることが伺えます。

まずはO氏に釣りをしていただき、良さそうなポイントがあれば自分も手助けを借りてオトリを投入する感じで釣りをしました。

このオトリを操作するのが非常に難しく、オトリを自然に流れに乗せて泳がすのは容易ではありません。無理にロッドで操作すると弱りますし、自由にさせるとあらぬ方向へ行ってしまったり……

それに加えて8mのロッドを扱うことの難しさ。初心者の私にはとてもではありませんが補助なしで釣りを行うのは不可能です 笑

それでも頑張って2箇所で釣りをしますが、午前中は全く釣れずちょっとまずい展開。釣れてくれないとオトリは弱るばかり…

魚が釣れない→オトリが交換できず弱るばかり→弱るのを気にして無駄打ちができない→魚が釣れない負のスパイラルに 笑

ということでO氏が前日釣った支流のポイントへ!!

川の様子を見ると鮎が藻をハミハミしてます!!藻を食べるときにお腹を横にするので水中で光って一目瞭然です!

そして早速投入させてもらうと何か魚が右往左往している……。

その瞬間にドカンとヒット!!

うれしい初ヒット!!

さらにオトリを交換して投入すると連発!!

背掛かりは理想的な掛かりらしいです!

それにしても綺麗な魚体ですね♪

この川幅で8mのロッドはホントに難しく、木に引っ掛けるわ草に引っ掛けるわ気をとられると今度は根がかりしたりと大苦戦!

それでも何とか流していくと良型がヒット!!

引き抜きにチャレンジしようとすると水流プラス良型の重みで魚を抜くことができない 笑

なのでO氏にバトンタッチで見事キャッチ!!

この体高が朱太川の魚体の証、3年前に日本一に輝いた鮎です!

支流の魚の方が基本的には小さく、本流だとサイズが上がるようです。

その後、少し小さめの魚がヒットしたので、再度引き抜きチャレンジ!

無事キャッチすることができました!!

ホントに楽しい釣りですね!

O氏も黙々と引き抜いていきます。こればっかりは慣れなきゃダメですね!

 

 

経験してわかりましたが本当に面白い釣りです!私も色々な釣りをしますが、その中でも1回釣りをしただけでも、真っ先に面白いと言える釣りでした!

皆様も是非チャレンジしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2019 つり具センター. All Rights Reserved