北海道の釣りならつり具センター! 屈斜路湖釣行・・・ まさかの!!

つり具センター 中標津店

屈斜路湖釣行・・・ まさかの!!

中標津店 古仲です。

今回も宮川店長と僕とお客様の3人で屈斜路湖釣行してきました。

 

AM2:30着、いろいろ釣り場を回り釣行を開始した時にはAM3時半を過ぎていました。

数投でアタリがきましたがラインブレイクしてしまい終了。

日が昇るとニジマスのアタリはなく、釣れてくるのはウグイばかりでした。

AM6時頃、前回蝉ルアーでアメマスが出たポイントに移動しましたが、

蝉が鳴いてなく蝉に反応したのがウグイだけでした。

 

お腹も空いてきて、前回と同じ食事処で昼食タイム。

 

お腹も満たされ、通称「峠下」に移動し、宮川店長とお客様と合流しました。

 

IMGP5465

ですが、問題が発生!!

肝心の湖が鏡状態・・。

IMGP5466

トラウトの姿もなく、釣れてくるのはウグイばかりでした。

IMGP5468

 

毎回 釣行してニジマスやアメマスを釣っている宮川店長も

この日は苦戦していました。

IMGP5469

 

PM6時頃、少し波が出てきて小規模ですが、ワカサギを捕食する

魚のボイルが出はじめ「お! いい感じじゃない?」・・・。

ですが、ニジマスもアメマスも釣れないまま日が暮れていきました。

 

少々 心が折れかけている時に、僕がウグイではないアタリを・・!!

見た時に「ウグイではない!」、トラウトと確信しました。

上げてみるとニジマス!!

「ん!?  何か違う・・?」

IMGP5471

すかさず宮川店長とお客様が、「これ! イトウじゃない!?」

 

長年 屈斜路湖で釣行している宮川店長も「いる噂は聞いていたが、

実際に釣れるとは・・・。」

 

実は、僕にとって初イトウでした。

しかし胸ビレがないことから、放流魚だと思われます。

何かの魚の放流の時に混ざったのではないでしょうか。

しかし、イトウが生息している釧路川とは繋がっているので、ネイティブも居るはずです。

 

IMGP5463

水中写真も撮ってみました。

ワカサギの群れです。

タイミングが合えば、まだまだトラウトに会えるような気がしました。

 

 

 

このページのトップへ 

Copyright © 2017 つり具センター. All Rights Reserved