6/12 苫小牧沖タイラバ研修!

6/12 苫小牧沖タイラバ研修!

西岡店佐々木(良)です。

6/12に苫小牧沖でのタイラバ研修に行ってきました。

参加メンバーは

苫小牧店木村店長、屯田店若井さん、岩見沢店久米川さん、旭川店石倉さん、西岡店佐藤福店長、佐々木(良)です。

タイラバといってもタイは釣れないので、ソイやアブラコ等の根魚がメインターゲットとなります。

自分自身タイラバは初挑戦だったので楽しみにしながら参加しました。

苫小牧勇払マリーナより出港して30分程でポイントに到着。

早速開始します!

最初に結んだのは

ハヤブサ フリースライドVSコンプリートモデル 75g

ヘッドとスカートを両方ともオレンジでスタートします。

まずボトムを取り即座に等速で巻き上げるタッチ&ゴーが基本となり、アタリがきても合わせを入れず巻き続けるのが釣果アップのコツだそうです!

ボトムを取り巻き上げるを繰り返すこと数回。

ゴツゴツッ!と大きなアタリがあり思わず体が反応して合わせを入れてしまうとノリませんでした。

次こそはと心を落ち着かせひたすら巻き続けます。

一度回収してボトムを取ったらすぐにアタリがありアワセを入れず巻き続けると竿先が完璧に入りHIT!

慎重に巻き上げたファーストフィッシュはギスカジカ。

そっとリリースして開始後すぐにボトムから10m程巻き上げた所でHIT!

グングンと力強く首を振ってるのが手元に伝わってきます。

やや細身でしたが良いサイズのアブラコでした。

この魚はボトム付近で一度食いついてきて、追い食いしてきたやる気のある個体でした。

その後も婚姻色の出たアブラコが釣れ、格好良い魚体に惚れ惚れ。

しかしよく考えると自分はアブラコとカジカばかりでソイが釣れていない…。

ふと周りを見渡すと左舷側で釣りをしていた佐藤副店長はコンスタントにソイを釣り上げています。

巻いても釣れるし、フォール中の着底直前で食ってきたり色々なパターンで釣れています。

使用していたタイラバはヘッド、スカート共にチャートでした。

佐藤副店長にコツを聞いてみると

リールの画面で巻きスピードとフォール速度が5になるようにしているとの事。

今回佐藤副店長が使用していたリールは

シマノ オシアコンクエストCT300HG

巻き上げスピードとフォールスピードが数字で表示されたり、手元に付いているフォールレバーでフォールスピード調整も楽々です。

着底後すぐに巻き上げる等速タッチ&ゴーが釣果アップになるこの釣りにおいて、カウンター表示と巻き上げ速度がわかり、楽にフォールスピード調整出来るのは大きな武器になります。

近年大人気のサクラマスジギングやイカメタル、もちろんブリにも使用出来るのでオススメです!

その後アタリが遠のいてきたので、佐藤副店長がタイラバのトレーラーとしてワームを装着!

するとすぐにHIT!

コンディションの良いアブラコでした!

途中に船のみよし側で釣り座を構えていた旭川店の石倉さんに良型のサバがHITしていましたが写真を撮りに行けませんでした。

船頭さん曰くこの時期に多くはないが中層を回遊しているようです。

タイラバの上にセットするサビキ仕掛けもあるので、タックルバッグの忍ばせておくと良いかもしれませんね!

釣りの終盤に浅場へ移動し、今期絶好調のソウハチを狙いに行きました。

ポイント到着後すぐに船内は良型ソウハチのHITで盛り上がります。

やはりソウハチはピンクのスカートに好反応でした。

ソウハチを最後に昼ごろに釣りは終了となりました。

最終的に船中でクロソイ、マゾイ、アブラコ、ギスカジカ、トウベツカジカ、オニカジカ、サバ、マダラ、ソウハチと九目釣りとなりました。

今回研修に参加してタイラバを経験してきましたが、シンプルな仕掛けで様々な魚種が狙える面白い釣りだと感じました。

女性やお子様でも気軽に楽しむ事が出来るので、オススメです!

気軽さの中にもヘッドやスカート、ネクタイの形状やカラー変更、巻くスピードやフォールスピードの調整等など奥深さもバツグンです!

今回のようにトレーラーとしてのワーム装着やタイラバの上にサビキをセットして小型の回遊魚を狙ってみても 面白いと思います!

皆様の是非一度挑戦してみては如何でしょうか。

今回お世話になったのは

苫小牧勇払マリーナ  シーサイドの佐々木船長です。

ありがとうございました!

Copyright © 2019 つり具センター. All Rights Reserved