白老沖サクラマス釣行

白老沖サクラマス釣行

白老沖のサクラマス釣りも終盤に近付いてきた昨日3月5日(火)

今期初めて?のサクラマス釣りに行って来ました。

お世話になりました遊漁船は勇払マリーナの「シーサイド」さん

朝5時出航し白老沖まで約1時間10分のクルージング

天候も良く、凪よく、朝日が綺麗な日でした。

今回はバケの釣り&ジギングの二刀流!

最初はバケ釣りでスタート!好釣果が聞こえていた

昨日とは違って助宗さんオンリーで様子が違う・・・

それでも25M~35Mの棚で釣れ始めました。

今回はケイムラのタコベイトが好調でした。

バケの釣りは9時30分で終了し釣果7本・・・後半はジグでの釣り・・・

中々ヒットには至りません・・・やはり助宗さんオンリー

潮汐表を見て釣れる時間帯は10時から・・・でも助宗さん

そんな中、サクラマスの回遊が来たチャンスを逃さず・・・ヒット!

やっとの思いで釣った1本でした・・・

その後、バケ・ジグ共に釣果が遠ざかり私の釣果は8本で終了。

他の船ではジギング組が早くから定数釣りもあったとの事です。

今回のジギングタックル

ロッド:シマノ オシアジガーインフィニティーモーティブB 610-2

リール:シマノ オシアコンクエストCT301HG PE2号 リーダー30ポンド

ロッドは非常に軽く操作性も良く、やわらかいアクションですがリフティング

性能も抜群でした。リールはコンクエストにメーター表示が付いたので今まで

ラインカラーで棚取りを行っていましたが正確なヒットレンジを探れます。

もちろん回転性はマイクロモジュールギア搭載の為、スルスル回転です。

今回のジギングを通して、ジグの種類・フックはフロント+リアは本当に必要か?

バケ釣りのお客様との乗り合いでの釣り座の事・・・色々考える所が多い釣行でした。

今回乗船させて頂いた勇払マリーナの「シーサイド」さんは船内の綺麗でゆっくり

釣りが出来るおすすめの船です。船長さんも気さくで楽しく釣りが出来る事間違いなしです。

白老沖サクラマス釣りも終盤ですが、バケの釣り・ジグの釣りのご相談がありましたら

気軽にお尋ね下さいませ。

ご来店をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2019 つり具センター. All Rights Reserved